ひとこと ログ


Leaf倶楽部のTOPページへ戻る

2009年のひとことは、こちら!
2010年のひとことは、こちら!
2011年のひとことは、こちら!
2012年のひとことは、こちら!
2013年のひとことは、こちら!
2014年のひとことは、こちら!
2015年のひとことは、こちら!
2016年のひとことは、こちら!
2017年のひとことは、こちら!


 
すっきりと澄み渡る青空。日差しもたっぷりで、家の中から見る景色はなんだか暖かそうに見えたのですが
外に出てみると、すっかり裏切られたような風の冷たさ。体もびっくりです。
テレビでは日本海側の地域の、例年の何倍もの雪のニュースが流れていて、この寒さにも納得。
早くこの寒気が抜けてくれるといいのですが・・・雪の多い地域の皆様には、くれぐれもお気をつけくださいと祈るばかりです。
さて今日は、耳がちぎれそうなほどの冷たい風の中、以前住んだことがある、2つお隣の学区まで出かけていました。
実は、ある人に贈り物をしたいと思って、先日から近所でいろいろ探しているのですが、どうも「これ!」というのが見つからず困っていたのです。
そんなときふと、以前住んでいた場所の近くにお気に入りの雑貨屋さんがあったことを思い出しました。
今もあるのか・・・検索してみたら、変わらずあるようだったので出かけることにしました。
久しぶりにその店の最寄り駅に降り立つと、その景色の変わったことに驚きました。
店に向かう道すがら、よく通ったドーナツショップがパチンコ屋さんになっていたり、ケーキ屋さんだったところが塾になっていたりと、まるで間違い探しのクイズを解くような気分でした。
それから、整骨院と美容院がとても多いことにも気が付きました。
「激戦区だなぁ・・・」なんて、私が心配することではないことまで思ったりして、
「懐かしい」というよりはどこか初めて来る場所のようにも思えました。
目的のお店に到着。
ここは以前と変わらず、私好みのものがいっぱいありました。
ありすぎて、どれにしようか迷ってしまうほど。
かなり長いこと悩んで、やっと決めましたが、せっかく来たのだからと自宅用にもランチョンマットなどを選んでみたりして
お買い物を楽しみました。
目標達成して、上機嫌で駅までの道を戻りながら、整骨院や塾などができて便利で安心になった町にちょっと淋しさも感じました。
でも今住んでいるところも、実は景色がどんどん変わっています。
マンションが次々に建っているし、お店も新たにできたり、移転したり、めまぐるしく変わります。
友達が「ここは来るたびに景色が変わるね〜」と驚く気持ち、今日しみじみわかりました。
これからも変化していくんでしょうね・・・。
それは仕方がないことだけれど、今日行ったお気に入りのお店、あそこはこれからもずっといてくれますように・・・(勝手なお願いですね)
今日の写真は、先月次女が教室で習って活けたお花。
チューリップとスイートピーが春らしくてかわいいです。
少しだけでも春の雰囲気を感じていただけたら嬉しいです。
  

(2018.02.07 miyu)
このページ左上のハンドメイドのコーナーでもお知らせしていますが、一週間の西武での出店が無事終了しました。
週の半分くらいは雪が舞うような寒さにも関わらず、たくさんのお客様が足を留めてくださいました。繰り返しになりますが、本当にありがとうございました。
Dear beadsさんに声をかけていただき出店するようになって、今回で3回目。
初めて研修を受けました。
従業員の入館、退館の仕方や、接客の際の身だしなみやマナー、その他お店でのルールなどをまとめたビデオを見まして、その後トレーナーの方から、ポイントカードの種類や駐車場の料金、お店の中の施設などについて説明を受けました。
今まで接客の仕方など、周りの従業員の方を真似しながらなんとなくやっていたのですが、今回の研修でわかったこともたくさんありましたので、次回からも実践できるよう頑張りたいと思います。
研修なんて、何年ぶり…いや、何十年ぶりだろう。緊張しましたが、ちょっぴり新鮮な思いもありました。
新鮮と言えば、もうひとつ。
前回の出店までは、私は午後からお店番に入らせてもらっていたのですが、今回は朝一番からの入店でした。
開店前の百貨店というのはなかなか入る機会がありませんから、ドキドキしながら入館しました。
まだすべての照明が点灯しているわけではなく、暖房も控え目、お客様が利用されるエスカレーターも動いていません。
従業員の方のわずかな話し声だけが聞こえる静かな店内です。
開店前にフロアーごと、売場ごとの朝礼があり、私も参加させていただきました。その後挨拶訓練。「いらっゃいませ」「いつもありがとうございます」と言う練習です。ぴんと背筋が伸びて、1日が始まるワクワクが高まる時間です。
そして10:00開店。
入り口が開くと、お客様が続々と入ってこられます。こうして私たちの売場もスタートするのです。
「さぁ今日も1日がんばろう」という気持ちを朝礼や挨拶訓練で日々新たにしていた一週間。
とても貴重な経験をさせていただきました。
あっという間の一週間だったなぁ…今は淋しいようなホッとしたような、複雑な気持ちです。
それでは最後に写真を少し。
今月実家に忘れ物を取りに行ったときにもらってきた臘梅です。
黄色いかわいい花を咲かせてくれましたが、この花の魅力はその香り。
お店番から帰ってきた私を玄関で出迎えて、その優しい香りで緊張をほどいてくれました。
今日もお疲れさま…そう言ってくれているみたいでした。

  
(2018.01.31 miyu) 
地域によって鏡開きの日は様々なようですが、うちでは毎年1月15日としています。
結婚する前から実家でそうしていて、1月15日の朝には母が作ってくれるお餅入りの小豆粥を食べていました。
ですのでそれに倣い、今年も1月14日に小豆を煮ておいて、15日の朝に土鍋でお粥を作りました。
同時に玄関前につり下げていた注連飾りも外し、これでお正月モードも終了、ということになります。
今年に限っては、インフルエンザのせいで私はお正月どころではなかったんですけれどね(笑)
それでも小豆粥を食べると、ひとつ季節が進んだというか、寒い季節には変わりないけれど年末よりもちょっと春に近づいたような
そんな気持ちになります。
小豆は体にいい成分がたくさん含まれているようですし、またあつあつのお粥は体が温まりますし、この季節にはぴったりです。
昔の人はいい習慣を考えたものだなぁ・・・と改めて思いました。
ところで、さきほども書いたようにインフルエンザのためお正月を実家で過ごさず
皆に移さないように逃げるように自宅へ戻ってきた私。
どうやら実家に指輪を忘れてしまったようです。
それで先日、単身赴任先から戻って来ていた夫と一緒に今月2度目の帰省をするため近江八幡へ行きました。
実家に行く前に、お正月に元気であれば行きたいと思っていたラ・コリーナにも寄りました。
ラ・コリーナに行くのは何度目かになりますが、行くたびに施設が増えていて、和菓子、洋菓子、パンなど、たくさんの種類のおいしいものが
食べられます。まだまだ施設や緑が増えていきそうな感じで、楽しみです。
パンの好きな母にシンプルな食パンを買いました。
それから、元日に元気であれば行くはずだった日牟禮八幡宮にもお参り。
その近くのクラブハリエでケーキを買って、実家へ行きました。
母が淹れてくれたコーヒーとケーキで、おいしいお茶の時間。
このところ寒さの厳しい日が続いていたけれど、父にも母にもインフルエンザも移らず元気そうで、本当によかったです。
そして無事指輪も私も指に戻ってきたし、お正月にできなかったことをいくつもできて、とっても嬉しい!
お正月につまらない思いをした分、15日の鏡開き直前にしっかり挽回させてもらいました。
お餅入り小豆粥をたくさん食べてエネルギーは満タン。
神様の前で誓ったとおり、毎日コツコツがんばっていきたいと思います!
 
ラ・コリーナ  http://taneya.jp/la_collina/
 
日牟禮八幡宮内 クラブハリエ http://clubharie.jp/shop/himure/

  
(2018.01.16 miyu)
 
新しい年が始まって、そろそろ10日がたとうとしています。
皆さまお正月は楽しく過ごされましたでしょうか。
本当なら私も、楽しい年明けのことをこちらで報告するつもりでした。
ですが・・・ちょっと違った報告になってしまいます。よろしかったらおつきあいください。
年末。
2017年の家族の年忘れイベントは劇団四季「オペラ座の怪人」の観劇でした。
怪人の怪しくも優しい歌声や、ヒロイン・クリスティーヌの美しさ、そしてオペラ座の世界に引き込まれるような演出に
すっかり酔いしれた私たち。
翌日、実家へ向かう車の中でもBGMは「オペラ座の怪人」でした。
実家にて妹一家と合流。
大晦日は例年のようにみんなでおせち料理作りに励みました。
と、ここまでは予定通りだったのです。
ですが明けて1月1日。・・・朝から体がだるいのです。
熱を測ってみると、37.3℃。熱がありました。
昨日作ったおせちと、母が作ってくれたお雑煮で新しい年をお祝いしましたが
食欲もあまりなく、少し横になることにしました。
みんなが初詣に行っている間、少し眠って気分はすっきりしましたが、熱は37.9℃。
近所の休日診療へ行って検査をしてもらうと、インフエンザA型陽性とのことでした。が〜ん・・・。
娘たちを実家に残し、夫に車に乗せてもらって自宅へ戻ってきました。
そして隔離生活の三が日。
休日診療でイナビルという吸入をしてもらったので高熱はすぐに治まりましたが、5日間は外出禁止ということで
本当につまらない2018年の幕明けでした(笑)
お布団に入っている時間、それはそれは長かったですから、いろんなことを考えました。
「おせち食べたかったな」「初詣に行きたかった」「インフルエンザなんてどこで移ったんだろう」
そしてふと心に浮かんだのが、年末おせち料理を作りながら妹と話していた言葉。
「だんなさんや子供たちは仕事や学校のお休みの日があるけど、主婦のお休みの日ってないよね」と。
それを聞いた神様が「それでは望み通り家事を休めるようにしてあげよう」と思われて、それで私インフルエンザになったのでは?
確かに家事は一切お休みさせてもらって、寝ているだけでしたから・・・。
休みはなくても、元気で家事をできることはとっても幸せなことなんだなと、お布団の中で何度も思いました。
外出禁止期間が過ぎて、やっと外に出られるようになったこの3連休。
夫と2人で歩きに出かけ、近所の神社に初詣をしてきました。
神様の前で手を合わせ「今年は今まで以上にコツコツ毎日頑張ります」と誓ってきましたよ。
ちょっと遅れたけれど、私の2018年もスタートしました。
そんな気持ちを応援してくれるかのように、湖の向こうには大きな山が二つ見えました。
向かって右側が鈴鹿山脈。左側が伊吹山。
どちらも神々しい姿ですが、巨大な白いモンスターのようにも見えます。
こんなに曇っているのに、遠く離れた二つの山が見えるなんてラッキー。
力強く輝く山のように、今年もへこたれずがんばりたいと思います。

(2018.01.09 miyu)