ひとこと ログ


Leaf倶楽部のTOPページへ戻る

2009年のひとことは、こちら!
2010年のひとことは、こちら!
2011年のひとことは、こちら!
2012年のひとことは、こちら!
2013年のひとことは、こちら!
2014年のひとことは、こちら!
2015年のひとことは、こちら!
2016年のひとことは、こちら!
2017年のひとことは、こちら!
2018年のひとことは、こちら!
2019年のひとことは、こちら!
2020年のひとことは、こちら!
2021年のひとことは、こちら!
2022年のひとことは、こちら!
2023年のひとことは、こちら!

123日?から5日間、長女と孫がうちに泊まりにやってきました。
長女のだんなさんがお仕事で不在になるためです。
朝は夫の車で長女と孫を保育園へ送って行き、そこから長女は自分の仕事場へ、夫も仕事へ。
夕方私が保育園へ孫を迎えに行き、うちに連れて帰ってきて夕食を食べさせる・・・という連携プレーです。
孫の保育園でのお着替えに加え、長女も仕事柄着替えが多いので、大量の洗濯物をさばいて、浴室乾燥で乾かして保育園にお迎えに行くまでに畳んでおくという作業はなかなか大変でした。
久しぶりに長女と次女が結婚する前の4人で過ごしていたころを思い出しました。
孫はやんちゃ盛りの4歳。
ゲラゲラ笑い転げたかと思えば、突然烈火のごとく怒りだし、
「おかあさん何時に帰ってくるかな・・・」としんみりしたかと思えば、「さすが関西人!」と言いたくなるような鋭いツッコミを入れてきたり、
ぴた〜っとくっついて甘えてきたかと思えば、私に向かってニヤニヤ笑いながら「おじさん〜」なんて言ってみたり。(せめておばさんにしてください)
本当に笑ったり怒ったり泣いたりハイテンションだったり、忙しい孫でした()
そんなふうにバタバタ過ごしてあっと言う間の5日間。
示し合わせたかのように一番寒いときに滞在することになったけれど、風邪もひかずケガもせず、元気に「また明日〜」と帰って行ってくれて、ホッとしています。
また泊まりに来てね。いつでも待ってます。
写真は朝ごはんにと焼いたスコーンと、夕ごはんのおかずのコロッケ。
「おいしい」と言ってくれてありがとう♪


  
(2024.01.29 miyu)
 
1月15日の小正月には、毎年小豆がゆを炊いて食べます。
今年も目覚まし時計に起こされ眠い目をこすりながらおかゆを炊きました。
缶詰の茹で小豆を使ったお手軽なおかゆです。
いつもは年末に実家でついたお餅を入れるのですが、今回は買ってきたお餅。何故かというと、実家から持って帰ってくるのを忘れたから(;^ω^)
今は実家の冷蔵庫の冷凍室で私を待ってます。早く迎えに行かなければ!
というわけでいつもとは少し違うお餅なのですが、こんがり焼いておかゆに入れました。
写真はおいしそうに撮れなかったけれど、味はとてもおいしくて体に染み込むような気がしました。とても温まりました。
なんとなく「これでお正月も終わったなぁ・・・」という気持ちがします。
これから一年で一番寒い季節ですが、よく食べ適度に体を動かして、冬を乗り切りたいと思います!


  
(2024.01.17miyu)
 
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は夫と共に年末から実家へ帰省し、両親や長女一家、次女夫婦と一緒に新しい年を迎えました。
ただ、妹一家が急に都合が悪くなり、帰省できなくなってしまったのが残念でした。
いつもの元旦よりもちょっぴり部屋が広く感じました(;^ω^)
それでも、4歳の孫のおかげでたくさんの初笑いができました。
実家に着くなり、着ている服を脱ぎ始めた孫。何事かと思ったら、ラプンツェルのドレスにお召し替え。お気に入りのドレスでおせち料理を食べたりUNOをしたり。
みんなからお年玉ももらって、終始ご機嫌の様子でした。
今回は新年のお祝いのほかにもうひとつお祝いがありました。
11月に80歳を迎えた母の傘寿を、ささやかではありますがケーキを食べながらみんなで祝いました。
お花のプレゼンターは孫にお願いしました。
「おばあちゃんは何歳?」と孫。
80歳」と母。
それを聞いて「じゃあだいぶ大きくなったんじゃない?」という孫の言葉が秀逸でした()
そんな和やかなムードの中、突然大きな揺れが来て、みんな本当にびっくりしました。
数時間前、初詣で「今年こそ平和でありますように」と祈ったばかりだったのに・・・。
それから日を追うごとに被害の大きさが伝わってきて、胸が痛いです。
今すぐに何かお手伝いできることはないのかもしれませんが、それでもこれ以上被害が大きくなりませんよう、お一人でも多くの方が無事でおられるように祈りたいと思います。
何が起こるのかわからないこの世界。それを新年早々思い知らされた気がしますが、それでも変わらず今年も一日一日を大切に、精一杯歩んでいきたいと思います。
皆さまにとっても、2024年が良い一年となりますように。

  

  

  

  

(2024.01.04 miyu)